すかいらーく、IFRSで8年ぶり再上場の真意

想定時価総額は2800億円前後か

すかいらーくはファミレス「ガスト」や「バーミヤン」などを展開している(撮影:尾形文繁)

ファミレスの王者が株式市場に戻ってくる――。

東京証券取引所は8月28日、すかいらーくの再上場を承認したと発表した。10月9日に東証1部または2部へ上場する。2006年9月にMBO(経営陣による自社買収)で上場廃止になって以来、8年ぶりだ。

想定発行価格1450円に発行済み株式総数1.9億株を掛け合わせると、時価総額は2800億円前後になると想定される。外食業界では、日本マクドナルドホールディングスの約3450億円には及ばないものの、スターバックス コーヒー ジャパン(約1860億円)やゼンショーホールディングス(約1450億円)を上回り、業界2位の水準につける。MBO後の再上場はトーカロ、キトー、チムニーに続く4例目で、規模は過去最大となる。

ファンド傘下で経営改革

すかいらーくは2006年に野村証券系の投資ファンドと組んでMBOを実施。2011年には米投資ファンドのベインキャピタルの傘下に入った。不採算店の閉鎖を推進するとともに、社外からさまざまなプロ経営者を登用し、経営改革を進めていた。

会社が公開した目論見書によれば、2013年12月期は売上高3324億円、営業利益225億円(国際会計基準<IFRS>)。ピークは売上高が2007年12月期に4017億円、営業利益が2002年12月期の262億円となっており、足元の業績はこれに程遠い。

次ページ再上場の足かせになったのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT