ロイホが狙う、"さわやかスイーツ"市場創出

米国発のフローズンヨーグルトをお台場に出店

オープン日には、ロイヤルHDの菊地社長(右から2人目)らがテープカットに臨んだ

東京・お台場のショッピングモール「ヴィーナスフォート」。国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れるこの商業施設で、ひときわ目立つ看板が目に入った。「pinkberry(ピンクベリー)」という名のこのお店。実は、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングス(HD)がフランチャイズ契約した、米国発祥のフローズンヨーグルトの店舗なのだ。

7月18日に国内1号店がオープンしたピンクベリーは、2005年に米国カリフォルニアで創業した。これまでに米国をはじめ20カ国、260店を展開(2014年4月時点)。日本に続き、ベネズエラやパナマでも出店を計画している。

日本では2014年末までに東京でさらに1店舗、福岡でも1店舗を出店。中期的には3年以内に20店、2020年までに50店の展開をもくろむ。売り上げ目標については、平均で1店当たり年商6000万~7000万円を目標に掲げる。

ロイホが参入する理由

画像を拡大
フルーツなどをトッピングできる点が特徴

ピンクベリーのフローズンヨーグルトは無脂肪牛乳、無脂肪ヨーグルトを使用している。毎日店舗でカットするフルーツに加え、チョコレート、クッキーなどもトッピングが可能で、幅広いカスタマイズをできるのが特徴。価格はレギュラーサイズ(トッピング付き)で640円という設定だ。

ロイヤルHDといえば、ロイヤルホストのほかにも天丼てんや、機内食事業、施設内食堂、ホテルなど幅広く展開をしている。そんな同社がなぜフローズンヨーグルト店の展開に踏み切ったのか。

次ページ市場規模はいかほどか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。