Foxconn製EVがi-Phoneのように普及しない理由

ホンハイEV発表で見えた「台湾EV戦略」の是非

ホンハイが発表した試作車のうちの1台「モデルC」(写真:鴻海)

これで一気に、EV(電気自動車)が世界中に広まっていくのか?

台湾の鴻海テクノロジーグループ(ホンハイ:英語表記はFoxconn)が2021年10月18日、最新技術を発表する自社イベント「ホンハイ テックデー2021(HHTD21)」の中で、3台のEVコンセプトモデルを世界初公開した。

このニュースを聞いて、EV普及が本格化すると考える人も少なくないのではないだろうか。発表された内容から、ホンハイの意気込みがうかがえたからだ。果たして、本当にそうなるのだろうか。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回、ホンハイが発表したのは、「モデルC」「モデルE」「モデルT」の3台。

「モデルC」は全長4.6mのSUVで、空気抵抗係数0.27と空力特性を重視した外観デザインが特徴だ。搭載するモーター出力やバッテリーの電気容量などは未公開だが、停止状態から時速100kmまでの加速(0-100km/h加速)は3.8秒と俊足で、満充電での航続距離は700kmだという。

「モデルE」は、フェラーリのデザインなどを手掛けるイタリアのカロッツェリア(デザイン開発企業)、ピニンファリーナも開発に参画したセダンタイプだ。最大出力750馬力で、0-100km/h加速はさらに速い2.8秒。満充電での航続距離は750㎞である。「モデルT」は、EVバスとして公開された。

セダンタイプの「モデルE」(写真:鴻海)
EVバスの「モデルT」(写真:鴻海)

こうした「モデル〇」という名称のEVといえば、アメリカ・テスラの「モデルS/X/3/Y」が思い浮かぶが、ホンハイはテスラとの関係については何も触れていない。

今回の発表を受けて、多くの人が「ホンハイEVがEVのゲームチェンジャーになるかもれない」と考える理由は、ホンハイがアメリカ・アップルからi-Phone等の委託生産を請け負うEMS(エレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス)業界の世界最大手であるからだ。

これまで噂が絶えなかったアップルEVの正体がホンハイEVではないか、という見方が当然出てくるが、ホンハイは現時点でアップルEVについてはノーコメントだ。

台湾の「新たなるEV戦略」

「ホンハイEVがEVのゲームチェンジャーになるのか」という考え方を検証するうえで、まずは台湾とEVとの関係について紹介しておきたい。

日本の経済産業省に相当する台湾の経済部工業局は、2010年4月に総予算3億米ドル(当時レートで約234億円)の「台湾EV政策」を公開している。

次ページ目標は「2016年にEV年産6万台」だったが…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT