JRはなぜ自前の発電所や変電所を持っているのか

電車を動かす鉄道会社は大量の電気を使用する

鉄道会社では沿線に自社の変電所を備えている(筆者撮影)

2021年10月10日、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で火災があり、首都圏の9つの路線で一時運行を見合わせた。1カ所の変電所のトラブルが広範囲の路線に影響したのだが、報道にあった「基幹変電所」とは何なのか。そもそもJR東日本が変電所を保有しているのはなぜなのか。報道を聞いただけでは消化不良になってしまいそうなので、ここでは鉄道会社が持っている変電所や電力設備について、深掘りをしてみよう。

鉄道会社は自前の変電所を持っている

鉄道会社は多かれ少なかれ、電気を供給するための電気設備を自前で持っている。それは電車が走っていようが、ディーゼルカーだけだろうが同じことだ。今回注目された変電所も、電気設備の一部に含まれる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

電気の供給を受ける場合、首都圏であれば東京電力から電気を購入するケースが多いだろう。一般の家庭であれば、東京電力が家庭用の電気として交流100Vの電気を用意してくれる。ところが、鉄道会社のように大量に電気を使用する場合は、電力会社が末端部分まで電気の面倒を見ることはない。電車を動かす場合は、直流1500Vや交流20000Vといった特殊な電気を供給しなければならず、電力会社が特定のユーザーのために専門の設備を持つのは効率が悪いからだ。ということで、電力会社は一括して電気を供給するにとどめ、電気を変換して使うほうはユーザーが担う形態になっている。

これは鉄道に限らず、工場・倉庫・商業施設・ビル・高層マンションなど、大量に電気を使う施設であれば自然に行われている習慣だ。こういった施設では、東京電力のような電力会社から強い電気をまとめて購入し、施設の中に「電気室」などと呼ばれる設備を設けて、照明・コンセント・エレベーターなどの設備で使いやすい電気に変換している。

次ページそもそも「変電所」って何?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT