JRはなぜ自前の発電所や変電所を持っているのか

電車を動かす鉄道会社は大量の電気を使用する

今回の火災では、トランスとその周辺のみの損傷で、健全な片側だけを用いて送電すれば問題は少ないように見える。だが、それは「コロンブスの卵」のようなもので、被害状況が刻々と変わる中で、安全にバイパス送電ができるように対処するのは至難の業となるだろう。

被害状況の確認と仮送電を同時並行で行い、電気の容量を考慮しながら作業時の安全に配慮しなければならない。あとは、JRのような巨大組織ならではの問題で、各部署との連携・コミュニケーションにも膨大な手間を費やしてしまうゆえに、仮復旧ですら長時間を要してしまう。

電車の側でできること

とは言え、乗客としては仮復旧まで2~3時間も列車の中で待たされるのは、たまったものではない。現状では、停電になると列車のトイレも使えなくなる(トイレが電気で動くため)始末で、改善の余地があるだろう。

今回の変電所の不具合も含め、列車に電気を送る設備で不具合が生じる事態はよくあるものだ。春先の強風で架線にビニールが引っかかる、カラスが巣を作って架線の設備をショートさせる、変電所に動物が侵入して設備が壊れるなど、枚挙にいとまがない。

最新の電車では非常脱出用のバッテリーを搭載した車両があり、JR東日本の車両でも横須賀・総武快速線の新形車両には搭載されている。停電があった場合、このバッテリーを蓄えた電気で近くの駅まで避難ができるというものだ。

今回のように、JR東日本の場合は運行支障が起きた場合の影響が大きく、今後の新型車両は非常脱出用のバッテリーを標準装備としてよさそうにも思える。これと合わせて、バイパス送電の簡略化など、短時間で仮復旧が可能な体制ができると利用者としてはありがたい。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT