最もまともな「バラマキ」を掲げる政党はどこか

「バラマキ政策」は必ずしも悪いとは言えない

今回の衆議院選挙は極端に言えば「バラマキ合戦」のような状況。筆者から見て「最もまともなバラマキ政策」を掲げる政党はどこだろうか(写真:Caito/PIXTA)

財務省の現役事務次官である矢野康治氏が『文藝春秋』(2021年11月号)に寄稿した論文が、なお話題になっている。

吠える財務事務次官は歓迎だが論旨に納得しないワケ

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

政治家の政策論を「バラマキ合戦」と評して、日本財政の危機を訴えたものだが、文中で矢野氏は、「心あるモノ言う犬」を自称している。

第三者が官僚を「犬」にたとえることはよくあるが(どちらも「序列に敏感な生き物」だ)、「官僚さんご本人」が犬を自称するとは珍しい。

意見を言うことは大事だ。政治家の脳みそから出る考えだけでは不十分なことが多いので、とくに官僚からの「個人の責任での」意見は大いに歓迎したい。矢野氏にも引き続き、元気にほえてほしい。

ただし、今回の論旨には賛成しない。

矢野氏は、有名な「ワニの口」のたとえ(矢野氏の考案らしい)を引きながら、プライマリーバランス(税収などで政策的経費を支払えているかどうか)の赤字を止めないと、ワニの口(=財政赤字)が開きっぱなしに発散することを警告している。

だが、そもそも「財政赤字の残高」はゼロがいいのではなく、そのときどきに「適正額」がある。日本銀行の金融政策や政府のバランスシートにもよるが、今は、その適正額は現状よりも大きい。

また、デフレを脱却しつつ金融緩和を続けると、タイムラグを伴ってだが、歳出よりも歳入の増加率が上回って、ワニの下あごが徐々に上あごに近づいてくるはずだ。「ただちに緊縮財政」に傾斜することは副作用が大きく、かえってワニの下あごを引き下げることがある。

徹底的な緊縮財政を行うとワニの口は閉まるかもしれないが、ワニ本体が衰弱しながら縮んでしまう。経済にとってより好ましい形で、「ワニ全体」(日本経済全体)が大きくなりながら、ワニの元気さ(経済の活性度合い)も大切にしつつ、ワニの口を見守りたい。

「国民の忠犬」である官僚さんには、ぜひこのように考えてほしい。

次ページいよいよ「バラマキ合戦」本番が始まった
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT