「ちょっと投資でも」で失敗する人が知らない鉄則

堅実な資産形成には「努力」と「運」が欠かせない

これから投資を始めようと考えている人に知ってほしい「投資の心構え」とは?(写真:カッペリーニ/PIXTA)
史上最高値の更新を続ける米国の株式市場に、世界中の投資家が注目している。米国株投資ブームともいえるコロナショック後の状況を機に、投資を始めた方も多いのではないだろうか。
長年、トレーダーとして世界のマーケットを渡り歩いてきた松本大氏は、「米国経済が持っているポテンシャルというのは、実に計り知れないほど大きなものがあります」と語る。
トレーダーとしての経験を活かし、投資初心者向けに米国株について解説した『今日から始める!米国株投資超入門 松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由』を上梓した松本氏が、これから投資を始めようと考えている人に知ってほしい、「投資の心構え」を解説する。

「圧倒的成長力」という米国経済の強み

コロナショック後に顕著ですが、近年、米国株投資ブームが続いています。この状況には、どんな背景があるのでしょうか。少し考えてみましょう。

『今日から始める!米国株投資超入門 松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

米国株が注目を集める一番の理由は、長期的にみて「株価が上がり続けている」ということに尽きると思います。

ニューヨークに証券取引所ができたのは、1817年のこと。ですから、すでに200年以上の歴史を持っています。この200年の間、幾度となく米国の株価は大暴落を経験しましたが、大暴落のあとには必ず徐々に株価は回復し、いつの間にか高値を更新し続けているのです。

直近でみても、ITバブル崩壊前につけた高値を抜いたのは、その約6年後ですし、リーマンショック前の最高値を抜いたのは、その5年半後です。そして2020年3月のコロナショックでは、なんとわずか半年でコロナショック前の高値を更新してきたのです。この回復力は驚きです。

こうした米国経済の強さの基盤には、人口があります。米国の人口は、これからも当分の間、ふえ続けます。何しろ米国は移民の国であり、それは昔もいまも変わりません。結果、世界各国から米国に人が集まり、長期にわたる人口増加を支えていくのです。

これはもう断言してもいいのですが、米国経済は非常に強いのです。そして、資産形成で成功するためには、経済に限ったことではないのですが、「強い国」にお金を置いておくのが定石です。

次ページ堅実な投資に欠かせない「2つの心構え」とは?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT