一体このジェットコースター相場はどうなるのか

カギを握っているのはやっぱり海外投資家だ

劇的に上昇したかと思えば、再び一気に下落。このジェットコースター相場が落ち着くのはいつになるのか(写真:ニングル/PIXTA)

いきなりで恐縮だが、日経平均株価は8月20日以降の約2カ月間でどのくらい乱高下したのかご存じだろうか。10月21日も日経平均は500円以上の下落となったが、まさにほぼ2カ月間「ジェットコースター相場」が継続しているのだ。

「爆買い」「爆売り」をした海外投資家

まずは上昇からだ。日経平均株価は8月20日の安値2万6954円(ザラ場、以下同)から9月14日の同高値3万0795円まで、一気に3840円も急騰したのはまだ記憶に新しい。このときの同上昇率は14.2%だ。逆に下落は、9月14日の同高値3万0795円をピークに、10月6日の同安値2万7293円まで3502円も急落した。同下落率は11.4%だ。これほどまでに短期間のうちに乱高下したのはなぜか。

東京証券取引所が発表している「投資主体別売買動向」を見れば、その理由がわかる。この売買動向は原則、毎週木曜日の取引終了後、その前の週についての、現物(東証・名証の各1部・2部の合計)と先物(日経225先物、日経225先物mini、TOPIX先物の合計)が発表される。投資主体別は自己、個人、金融機関(生保損保、都銀地銀、信託銀行、他金融)、海外投資家、投信、事業法人、他法人に分類されている。これを見るとわかるのだが短期間に急上昇・急落したのは、海外投資家が一気に買って、売ったからだ。

具体的に見てみよう。海外投資家は、8月23日~8月27日:+3221億円(現物-45億円、先物+3266億円)、8月30日~9月3日:+6592億円(現物+3670億円、先物+2922億円)、9月6日~10日:+1兆0581億円(現物+3010億円、先物+7571億円)、9月13日~17日:+2408億円(現物-500億円、先物+2908億円)と4週連続で大量の買いを入れたのだ。

逆に、9月21日~24日:-2737億円(現物-2692億円、先物-45億円)、9月27日~10月1日:-1兆7428億円(現物-4890億円、先物-1兆2538億円)、10月4日~8日:+209億円(現物+4654億円、先物-4445億円)と、現物と先物の合計では2週連続(先物だけだと3週連続)で海外投資家の大量の売りが入った。これで、9月14日をピークに10月6日まで株価は急落した。

なお直近の海外投資家動向(10月11日~15日)は、+3314億円(現物+4788億円、先物-1474億円)と買い越しだったが、18~22日は再び売り越しとなっている可能性もありそうだ。

次ページ海外投資家は、一時日本の政治の変化に期待した
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT