訂正を迫られた日経平均は再度3万円を回復する

足元の値固めが終われば年末までに上昇へ

「市場の話もよく聞く男」なのか「早期の金融所得課税」を否定した岸田首相(右)。日経平均の「誤った上昇」はほぼ吹き飛んだが、この後はどうなるだろうか(写真:AP/アフロ)

日経平均株価は、8月20日から9月14日まで急速に「誤った上昇」を演じた。結局、その誤りの訂正を強いられることになり、上昇分は一時ほとんど吹き飛んでしまった。

日経平均2万7000円台までの下落は見通せず

前回9月27日付の当コラム「日本株が一時急落したのは中国恒大のせいなのか」では、これまで繰り返してきた主張を再掲し、「今後も日経平均が上がり続けるとは考えておらず、むしろ短期は下振れ(3万円を割れて、場合によっては2万9000円も割る)し、そこから「年末までに本格的な3万円超えを再度達成する」という見解を確認した。

実際の日経平均は2万9000円どころか、2万8000円の大台も深く割り込み、10月6日には終値ベースで2万7528円、ザラ場では2万7293円の安値をつけた。そうした株価の動きを受けて、「馬渕さんは2万9000円を割れる可能性は指摘していたが、2万8000円を割れることは予想できていなかった。馬渕さんの見通しは大外れだ」との厳しいご批判をいただいている。猛省したい。

なお、多くの方がすでにご存じのように、筆者は性格のよくない「ブラックまぶりん」なので、それを踏まえ、「誤った上昇」などの意味も含め、実は何を上記で言いたいのかを推察していただければと思う(複数の主体に向けた皮肉が含まれている)。

そうした軽口はともかく、最も重要なのは「これからの株価動向がどうなるか」だ。ただ、こちらも見解は変わらず、おそらく足元で底固めを演じ、これから年末にかけて2月や9月高値とほぼ並ぶような水準まで、日経平均が戻すと見込んでいる。

次ページなぜ「底固め」→株価が戻すと読むのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT