7日間の非ネット生活で、私が得たもの

つながらないことは、悪ではなかった

https://www.flickr.com/photos/skewgee/3161506528/

世の中と絶えずつながれるのがテクノロジーの魅力です。でも、ときにそれが重荷になります。数分ごとに押し寄せる膨大なメール、鳴りやまない電話、時間が無いのに見てしまうSNSなど、つながりが過剰ゆえに、人間の基本的な欲求として、少しばかりつながらない状況を取り戻さなくてはいけない思いから、私は夏季休暇の中で7日間ネットのつながりを、断固たる思いで断ちました。

以下は、カナダ・スペリオル湖のキャンプで得た「4つの気づき」を休暇最後の日にまとめたものです。

気づき1:自分に正直ではなかった

私は1日15時間以上もネットとつながったデバイスと向き合い、休みなく入ってくる膨大な情報をふるいにかける作業に追いやられていました。就寝前もよほど「鉄の意志」がないかぎり、あともう少しと心でつぶやきながら、デバイスと向き合いました。たとえ日本では就寝時間でも、ひとたびネットとつながれば、世界では誰かが仕事をしているので止めどころが難しいのです。

そして全ては、周りが知っていて私が知らない情報があるかもしれないという恐怖からくるものでした。でも、そんな恐怖はどこかへ消えました。ネットとつながりを断って、3日過ぎたころでした。他人を気にする関心が消えました。無理に周りに合わせたりすることも少なくなりました。もっと自分を大事にしなければいけないと思いました。

おかげで私の気持ちはずいぶんと楽になりました。周りにいた親戚からは、 “自分勝手だねぇ~” と言われましたが、私はいたって清々しい気分でした。面白いことに私が周りに合わせると、周りは私を気の利く人間だと思うようです。でも、私が自分に正直でいると、周りは私を自分勝手な人だと思うのです。

次ページ家族に鈍感だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。