インドへの赴任者をどう確保するか? インド好きの若者と定年退職者を戦力化しよう


人事担当者はインド赴任者のメンタルケアに注意しなくてはなりません。現地駐在員のSOS(体調不良など)に気づける体制を現地、本社側双方で持つことが必要だと思います。

現地の責任者については、いうまでもなく本社側責任者との連携が何よりですが、それに任せるだけでなく、人事・総務への定期的な報告を行うような体制があればいいのではないでしょうか。かかわる人、相談できるパイプを多くしておいたほうがよいでしょう。

また、海外赴任のメンタルケア専門業者などもあるようです。赴任前にメンタルチェックなどを実施するのもよいかと思います。

(聞き手:東洋経済HRオンライン編集部:田宮寛之 須貝氏撮影:尾形文繁、写真は本文とは関係ありません)

すがい・しんいち
1973年生まれ。法政大学英文科卒業。外資系IT企業、インド関連コンサルティング会社にて取締役として事業の立ち上げ等を経て、現在はネクストマーケット・リサーチ代表取締役。中小企業診断士。

ネクストマーケット・リサーチ
インド・南アジアの企業・金融・経済情報の提供のほか、インド進出支援コンサルティング、インターネット関連事業などを行っている。http://nm-research.com

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。