20年経った今語られる「捜索救助犬たちの9.11」

生存者の捜索だけでなく、人々を癒やした存在

ニューヨークで開催中の「K-9犬たちの勇気」では、2011年9月11日の同時多発テロ後、世界貿易センターで捜索救助活動に参加した犬たちが紹介されてている(写真:9/11 Memorial & Museum; Jin S. Lee)

9月11日に世界貿易センターのツインタワーが倒壊してから2週間以上、数百匹の捜索救助犬が、くすぶる残骸の中から生存者の兆候を探した。

高さ17インチのラットテリアであるリッキーは、狭い隙間に身を押し込むことができた。カナダから来たジャーマンシェパードのトラッカーは、2日間、瓦礫の中をくまなく探したのちに煙の吸引、疲労、そして火傷により倒れた。4歳のゴールデンレトリバーのライリーは、広大なデブリの深部まで捜索し、数人の消防士の遺体の発見に貢献した。

「私たちは何百人という人々が閉じ込められているのだと思って現場に行きました」とライリーの調教師であるクリス・セルフリッジ氏(54歳)は言う。「しかし、生存者は1人もいませんでした」。

テロでの捜索活動に貢献してきた犬たち

壊滅状態の中から見つかる生存者はあまりいなかったが、犬たちの仕事に対する献身的な様子は、救急医療スタッフや、緊急救助の現場を目撃したそのほかの人々を勇気づける光景となった。テロから20周年を迎えるいま、犬たちの活動を記念した展示がアメリカンケネルクラブのミュージアム・オブ・ザ・ドッグで開催されている。

「9/11 Remembered: Search & Rescue Dogs(9/11を想う:捜索救助犬)」というタイトルのこの展示では、9.11に限らず、その他のテロや災害で活躍した世界中の犬たちの業績も取り上げられる。展示では、DOGNYプロジェクトという、実物大のジャーマンシェパードの彫刻を造ることで知られる芸術イニシアチブの作品もいくつか披露される。テロの後、約100点の同様の作品がニューヨーク周辺に置かれた。

「この展示が少しでも人々を元気にすることを望んでいます」と、博物館の館長であるアラン・フォーセル氏は言う。

次ページグランド・ゼロで活躍した15匹の犬
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT