堀江貴文「僕はコロナ前・後という区分が嫌いだ」

ネガティブな未来思考よりも不要不急を選ぼう

未来思考は、意識が「いまここ」にない状態だ。つまり、起きてもいないトラブルを想定した未来を、意識上に「予約設定」しているのと同じ。それが幸せに結びつくとは、どうしても思えない。

未来を予測しようとか、安全にしていこうと事前準備することに、メリットはこれっぽっちもない。「知らない明日を迎えることが、人生の醍醐味である」ことに気づいてほしい。

未来を想像するのは、不安の種を育てることだ。コロナ禍でも、ほとんどの人たちは「感染したらひどく苦しむ」「治療法はないから死ぬかもしれない」「周りから村八分にされる」などと、未来の可能性に怯えている。なにも、自分から感染しにいけと言っているわけじゃない。正しい知識を持って感染予防に努めればいいだけだ。なのに、起きていないネガティブな事態を自分で決めつけ、右往左往しているのだ。

これから訪れる不要不急の社会

第一、不要不急を犠牲にしたって未来の不安はなくならない。何かを我慢して、不安が消えてなくなった経験を、持っているだろうか?未来にではなく、機会損失にこそ怯えてほしい。不要不急を減じて新たな経験に出会うチャンスを失う方が、人間にとっては恐ろしいことを知ってほしい。

『破戒のススメ: 我慢の奴隷から脱出する44の行動哲学 』(実務教育出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

未来思考と不要不急は、相性が良くない。どちらかを優先すれば、どちらかが邪魔になる。ここで選ぶべきなのは当然、不要不急のほうだ。

未来の失敗ばかり心配して、リスクから逃げるように暮らすのと、とりあえず後のことは考えずに、やりたいことを望むままやってみる。豊かな未来に向かう思考はどちらか。考えるまでもないだろう。

あえて言うが、僕はコロナ前・コロナ後という区分が嫌いだ。コロナウイルスは僕たち人類と共に、太古の昔から地球上に存在していた。突然現れた怪物ではない。区分があるとしたら、得体の知れない “戒め”に制限された「我慢強制前」と「我慢強制後」だ。だが、僕たちは我慢を強いられたことで、不要不急の必要性を改めて確かめることができただろう。いま必要なのは、不要不急の社会への脱出だ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT