「オールAになれない」と悩む人に教えたい真理

不得意な分野に遭遇したときの対処法とは……

勉強をがんばりたいけれど……と悩む高校生からの相談です(写真:takeuchi masato/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

今年、高校に入学したものです。
将来の進学や就職も考え勉強に励みたいのですが、勉強したいと思える科目とそうでない科目が分かれてしまい、集中度合いもまったく異なるので、オールAは望めません。
学校の先生の教え方や相性もありますが、内容的にもやりたいとまったく思えない科目もあり、困っています。進学や就職にマイナスにならないためには、どうやって切り抜けるのがよいでしょうか?
高校生 山田A

社会人に必要なのは「職業上の個性」

長期的な視点で考えれば、平均的にすべての分野で優れているよりも、特定の分野で誰よりも秀でた能力を有するほうがよいです。

この連載の記事一覧はこちら

世の中で活躍している人の多くはオールA的な人ではなく、特定の分野において非常にとがった才能を持っている人です。オールAというとすごいように聞こえますが、要は特徴のない人と同意義だったりもしますし、広く浅い知識や経験で切り開けるほど、人生は甘くありません。

むしろ社会人として問われるのは、「具体的に何ができますか」、「何があなたの売り=特徴ですか」です。つまり職業上の個性ですね。職業上の個性はそのまま希少価値であり、それが評価につながるというものです。

反対にいろいろと知っているけれど、どれも中途半端という人は、職業上の個性がないという意味において、代替可能な人材としてあまり重宝されないものなのです。

人生において困ったときに自分の身を救うのは、他人よりも数段優れた自分のとがった才能です。平均的な能力では、同じようなレベルの人材の波に揉まれてしまうだけです。したがって、長期的な視点に立つと、あれもこれもやるよりは、何かしらの分野に注力して、日本一や世界一を目指すほうがよいのです。

とはいえ、これはあくまでも長期的な視点の話であり、短期的に見れば自分が興味のないと(少なくとも現時点は)感じる分野であっても、それなりの努力で結果を出す利点はあります。

次ページ学びは思考訓練の糧
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT