「オールAになれない」と悩む人に教えたい真理

不得意な分野に遭遇したときの対処法とは……

例えば、将来的に海外を含めた大学院などに行こうとする場合は、GPA(自身の平均的な成績評価の基準)を一定レベル以上持っておいたほうが有利に働いたりもします。何より学ぶということは、自身の中で当たり前のものに習慣化することであったり、思考訓練の糧であったりします。

そもそも、学生時代の勉強で得た知識が、社会で100%役立つわけではありません。しかしながら、学ぶということの楽しさや、「ある特定の思考回路に従って考えると、正解にたどり着ける」という経験、学びを通じて視野が開けるといった経験を多く有することは、その後の人生において非常に重要なのです。

注力したい分野では1番を目指す

ですから、学習したい科目とそれ以外の科目に分けるぶんには構いませんし、むしろ勉強したいと思える分野があること自体は素晴らしいです。注力するべき分野はとことん1番を目指すべきですし、そうでない分野においても努力をして、平均点以上を取っておく必要はあると考えましょう。

注力するべき分野における現状の1番はどんな人で、どんなレベルなのかをリサーチし、自分が追いつくためにはどうしたらよいか、そのうえで自分のゴールをどこにおくかを考え、勉強する意義を単に勉強するということ以上のところに持っていくことができれば、今以上に勉強に身が入るはずです。

やらされていると感じるうちは勉強に身が入らないものだと思いますが、やる意義を見つけられれば、勉強も苦労よりは楽しみが勝るはずです。

もちろん、注力しない分野においても、どのレベルを目指すべきなのかをきちんと把握したうえで、時間配分を考えるとよいでしょう。そうすると優先順位が決まり、時間の使い方にメリハリが出ます。

優先順位をつけるという行為は勉強だけでなく、その後の人生にも非常に役に立ちます。人生をうまく切り開いている人は、優先順位をつけるのがうまいのです。自分の人生のゴールやテーマに照らし合わせて、今何をするべきで、反対に今は何をあきらめるべきかといった決断をし、前進をすることができるからです。

反対に、人生における優先順位をつけることが苦手な人は、毎年「なんだか今年も忙しかったけれど、何も達成できなかったなぁ」と考えたりするものです。

すべてにおいて優秀で完璧な人なんて、世の中には存在しません。自分の特徴や才能を早いうちに理解し、その分野で最大限の工夫をして人生を切り開くことが、私たちのような一般人にできるベストでしょう。すべてにおいて完璧であろうとする、オールA思考からあえて脱却してみるのも、ありだと思うのです。

山田Aさんが勉強を通じて、ご自身の人生のテーマやゴールを見いだし、その分野で活躍をされることを応援しております。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT