ネオクラシック列伝、第2世代GT-Rが愛される訳

人気の理由は高性能とチューニングへの適応性

1989年8月に復活したR32GT-Rのリアビュー(写真:日産自動車)

そして第1世代の終了から16年を経て、1989年8月に復活を果たしたのがR32GT-R。エンジンは専用設計された直列6気筒DOHCツインターボのRB26DETTで、当時国産最強となる最高出力280ps、最大トルク36kgmを発揮。駆動方式も画期的なFRベースの電子制御トルクスプリット4WDのアテーサETS、サスペンションには4輪マルチリンク式を採用。セダン派生型スポーツカーとしては、世界トップクラスの運動性能を実現した。

R32GT-Rに搭載された名機RB26DETT(筆者撮影)

エクステリアもパフォーマンスにふさわしい装備となっていて、前後のワイドフェンダー(フロントはアルミ製)、アルミ製ボンネット、専用16インチ鍛造ホイール、フロントグリル、フロントバンパー、リアウイングがベースのGT系とは異なる専用装備品となっていた。

R32GT-Rはレースでも大活躍。通称グループAと呼ばれた全日本ツーリングカー選手権(JTC)では、1990年3月のデビュー戦から他を寄せつけない速さを発揮し、グループA車両によるレースが終了する1993年までの4シーズン全29戦すべてを優勝するという前人未到の輝かしい記録を残している。レース仕様のRB26DETTエンジンは、最高出力550ps/7600rpm、最大トルク50.0kgm/6000rpmにまで鍛え上げられていた。

NISMOやN1、V-Specなどの特別仕様車たち

R32GT-R V-Specのスタイリング(写真:日産自動車)

R32GT-Rは、1994年12月の販売終了までの間に4万3661台を生産。標準モデルのほかに1990年には軽量化やタービン変更、ダクト付きフロントバンパー、小型リアスポイラーなどを装備したGT-R NISMO(500台限定)、1991年には耐久レース参戦ベース用にエンジン強度や装備を変更したN1、1993年には大型ブレーキやBBS製17インチホイールなどを装備のV-Spec、1994年にはタイヤサイズを変更したV-SpecⅡが追加されている。そうした特別仕様車は昔も今も人気だが、標準車にパーツ流用で仕上げた“NISMO風”や“V-Spec風”も多く存在している。

R32GT-Rをベースとしたコンプリートカーもいくつか製作されているが、その代表的なモデルがチューニングパーツメーカーのHKSの手による“ZERO-R”。ルーフやケーニッヒなど欧州のカスタムビルダーと肩を並べることを目指した意欲作で、専用エアロパーツをまとったボディに2.7L仕様とした450psのシーケンシャルツインターボエンジンを搭載していた。

次ページ大型化したボディでグランドツーリング的になったR33
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT