ECBの量的緩和縮小が急浮上、ユーロ相場への影響

QEを9月から縮小、来年3月末までに撤退終了も

ECBでも量的緩和の縮小が急浮上しています(写真:Bloomberg)

目下、市場の注目はFRB(連邦準備制度理事会)の一挙手一投足に注がれているが、9月9日の政策理事会を前にECB(欧州中央銀行)の量的緩和の主軸であるパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の縮小を予感させる情報発信が相次いでいる。

8月30日、ビルロワドガロー仏中央銀行総裁はPEPPの購入ペースに関し「資金調達環境の改善を考慮すべきだ」と発言している。これに続くように8月31日、クノット・オランダ中銀総裁が9月9日の政策理事会の選択肢について「(PEPPの2022年3月終了と)矛盾しない決定がなされると見込んでいる」「つまり、購入ペースの減速を意味する」と明言している。

9月から来年3月末までかけて手仕舞い

9月以降、PEPPのテーパリングが開始され、3月末までの7カ月間をかけて手仕舞いするという話である。ECB高官からここまではっきりPEPPの終了に言及があったのはこれが初めてである。既に政策理事会に向けた内部のすり合わせは始まっていることを踏まえれば、無風と見られた9月会合はユーロ買いの材料になる可能性もある。

デルタ変異株の感染拡大がこれ以上不測の事態を招かないと割り切るならば、ECBもPEPPの撤収を検討し始めるのが妥当であろう。ECBスタッフによる経済見通し(以下スタッフ見通し)も3月、6月と改善傾向にあり、9日に発表される改定分も上方修正の公算が大きい。だとすれば、3月以降使われるようになったPEPPの購入ペース加速を意味する「a significantly higher pace」という文言は撤回が自然であろう。

図に見るように、実態として夏季休暇も挟みつつ、購入ペースは足元で減速しており、9月9日の政策理事会で現状追認ということにしてしまおうというのが本音に近いのかもしれない。

次ページもはや「量」を追う必要はない
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT