子牛価格の高騰に農家が悲鳴、口蹄疫が残したつめ跡

宮崎県での感染確認から3カ月。口蹄疫の影響は全国へと広がりつつある。

4月以降、全国の取り扱い頭数6割を占める九州・沖縄の肉用子牛市場は、ほとんどが休止したままだ。農畜産業振興機構によると、5月の子牛取引頭数は前年同月比で6割以上も減少し、1万3000頭まで落ち込んだ。一方、価格は9%上昇している。

国産牛肉の大半は、子牛専門の農家が1年間成育させた後、肥育農家が仕入れて約2年間育てた後に出荷される。子牛が手に入らなければ生産・出荷サイクルが狂い、将来の収入減に直結する。このため東北や北海道など、以前は買い付けなかった地域へと足を運ぶ農家も増えている。

松坂牛産地の三重県で肥育農家を営む瀬古清史さん(60)も、6月に初めて北海道で子牛を買い付けた。「これまで1頭35万~40万円だったが、47万円程度に上がっていた」。52頭を買い付けた結果、費用は約400万円上昇したという。

同じ三重県のJAいがほくぶでも、6月に組合員の要請を受けて岩手へ買い付けに出向いた。しかし価格高騰により、17頭の注文に対して2頭の購入にとどまった。

価格高騰の背景には、国産牛肉特有の生産方法も影響している。血統によって気性や飼料の分量、肉質などの条件が変わるため、農家は育ててきた種牛の系統にこだわる。北海道、東北の子牛市場では、宮崎の種牛系統の子牛に人気が集中したという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT