銀行の格付けに差が出る「会社の財務」正しい見方

社長でも知らない人多い数字に基づく経営手法

会社を存続、成長させるための財務の見方について解説します(写真:Hirotama/PIXTA)
自社や取引先の経営状態などを把握し、経営戦略に結びつけていくためにぜひ知っておきたい会社の財務。では、どのように見て、どう活用すればよいのでしょうか。750社以上を指導してきた経営者で、新著『99%の社長が知らない 会社の数字の使い方』を上梓した小山昇氏が解説します。

率は低くても「額を確保する」

「業績が何%伸びた」「成長率は何%だ」と、ものごとを「率」でとらえる社長がいます。ですが、会社経営を率だけで考えるのは、間違いです。

売り上げも、仕入れも、経費も、会社はすべて「額」で経営しています。ですから経営は、率ではなく、「額(粗利益額)」で考えるのが正しい。「率が額とどう結びつき、どれだけ率が上がるとどれだけ額が増えるのか」を数字で見ることが大切です。

どれほど粗利益率が高くても、粗利益額が増えずに人件費などの固定費を下回れば、会社は「赤字」です。固定費を上回る「粗利益額」があるから利益が出ます。

A事業とB事業、2つの事業があります。

●A事業…「粗利益率20%、売り上げ1億円」(原価8000万円)
●B事業…「粗利益率5%、売り上げ10億円」(原価9億5000万円)

経営を「率」で考える社長は、「A事業のほうが優良」だと考えます。A事業は粗利益率が高く、B事業は「原価が高い割に粗利益率が低い」からです。ですが、「額」で計算してみると、その考えは間違いであることがわかります。

●A事業の利益額…2000万円
●B事業の利益額…5000万円

経営を「額」で考えれば、会社に貢献しているのはB事業です。したがって、「A事業よりもB事業に力を入れる」のが正しい経営判断です。

粗利益率や利益達成率がどれだけ上がろうと、「現金」(=額)がなければ、社員に給料を払うことはできません。経営における正しさとは「率を上げること」ではなく、率は低くても「額を確保する」ことです。

次ページ貸借対照表の数字をみたことがある社長は3%
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT