8月の日経平均は寒くなる?

11日はいったん反発だが、本格反転は9月以降か

今週より先を展望しても、8月は支援材料に乏しい。経済指標については、7月以降の猛暑で小売売上げは持ち直しているだろうが、そのデータが発表され市場心理が好転するには、8月下旬まで待たねばならない。経済政策も、9月第1週と言われている内閣改造を前に、動きはないだろう。

市場には寒い8月、暑い9月がやってくる?

さらに円相場も、8月15日に米国債の利払いが行なわれる。米ドルで受け取った金利を、そのまま米国債に再投資する場合も多いだろうが、日本の投資家が、一部を円に換え、円高材料となるかもしれない。

それでも、9月からは、株価が再度上昇基調を明確にする展開が、ありうるだろう。前述のように経済データの持ち直しが期待できるうえ、安倍政権も、10月の福島県知事選、11月の沖縄県知事選を意識して、新内閣で経済政策に力を注がざるを得ない。為替相場も8月半ば以降は再度円安に振れる可能性がある。

こうした「寒い8月、暑い9月」が見込まれるなか、11日(月)に日経平均はいったん1万5000円近辺に戻した後、再び落ち着きどころを探る展開となるだろう。今週の日経平均株価見通しは1万4700円~1万5300円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT