意外! 運動会、社員旅行が離職率を抑える 面白いイベントを企画して盛り上がれ

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11
拡大
縮小

そんなモルガン・スタンレー時代、僕は部署の仲間と一緒にスキー旅行を企画しました。その旅行に参加してくれたのは、若い人ばかりではありません。役員数名と共に、当時の会長までも参加してくれたのです。上の人たちは若い人たちと話してみたいし、若い人だって偉い人と直接、話をするチャンスなど滅多にありませんから、会長の参加を皆、喜んでいました。

離職率の低さの裏にイベントあり

皆が参加したくなるようなイベントを企画すれば、社員は楽しんでくれる。そのウワサを聞きつけた社外の人が、「なんだかビズリーチって面白そうな会社だな」と興味を持ってくれれば、採用に不可欠な集客やファン作りにもつながります。

イベントの開催は、社員の離職率を抑える効果も出ています。ビズリーチの離職率は、このところ1ケタ台のパーセンテージで推移しています。これはベンチャーとしては非常に低い数字です。

ちなみにこうしたイベントは、公式行事を除き、自由参加です。家庭を優先したいという人が参加を強要されることはありません。それでも多くの社員が参加してくれているということは、イベントそのものに魅力があるからだと自負しています。

社内外を巻き込む楽しいコミュニティが増殖中

最近は、ビズリーチ社内でいろいろな部活が生まれています。フットサルやボルダリングなど、有志が主体的にコミュニティを作り、違う部署や社外の人と交流しています。

僕としては、次々とコミュニティが生まれることは歓迎すべきこと。最近では楽しいコミュニティに社外の人たちも参加して、結果的にリクルーティングになっていたという事例は、願ってもない姿でした。

ビズリーチは、「Work Hard, Play Super Hard」(仕事も遊びも本気)という精神を大切にしています。たくさんのイベントを通じて社内外の交流を活性化し、社員をはじめ、多くの人に「ビズリーチっていい感じだね」と言っていただけるような雰囲気を作っていきたいと考えています。

ビズリーチ流採用のコツ:会社のイベントが魅力的ならば、皆が自然と参加したくなる。

(構成:朝倉真弓)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT