工作機械の"アップルストア"に行ってみた

これがDMG森精機のグローバル戦略拠点だ

画像を拡大
各国の言語に対応できるスタッフを配置している

「お客さんの3分の1は事業のグローバル化が相当進んでいる。300人くらいの日本企業でも中国に工場を持っていたり、同規模のイタリア企業はトルコやアメリカでも生産していたりする。われわれも世界各地で対応できないと、機械を買ってもらえない。現在の協業は、まさにグローバルな供給力をつけるためにある」(森社長)

デザインにこだわるワケ

森社長は機械のデザインにも並々ならぬこだわりを見せる。直近の新製品から、オーストリア人の工業デザイナーに依頼した日独統一のデザインを採用し始めた。冒頭でも触れた、モノトーンと曲線に特徴があるスタイリッシュなデザインだ。「作るのは難しかったが、ようやくコストを上げずに作り込めるようになってきた。今後各地の展示会でアピールしたい」と意気込む。

顧客の中には「デザインにこだわらずに安くしろ」といった声もあったという。だが、森社長には譲れない理由があった。

画像を拡大
丸みを帯びたモノトーンのデザインは森社長の肝いりだ

1つは日独で1万人を超える社員の結束のため。「ユニークなデザインや『DMG MORI』というロゴなど、商品が強いアイデンティティを持っていることによって、エンジニアから受付の社員まで、皆が同じチームの人間だという気持ちを持ってもらいたい」(森社長)。

そしてもう1つは、顧客のため。森社長は「工場で使われるものだからといって、デザインで気を抜いてはいけない。機械のオペレーターの方々へのリスペクトを示したい。皆さんあっての機械屋なんです」とも語る。

2020年には日独両社で売上高6000億円以上、営業利益600億円以上という目標を掲げる。工作機械メーカーとしては前代未聞の規模だ。日本のDMG森精機としても、同年に売上高2500億円以上、営業利益300億円以上という、高収益体質を目指す。両社のシナジー効果をもくろみ通りに出すことができるか。その成否は日本と欧州のグローバルヘッドクォータが握っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT