思い出袋 鶴見俊輔著

思い出袋 鶴見俊輔著

哲学者である著者の雑誌連載をまとめたエッセー集。人生を振り返りながら、思想形成などに影響を与えられた人たちや本などを縦横無尽に語る。特に興味深いのが、戦争に関する記述だ。

15歳のときに退校となり単身渡米、ハーバード大学でただ一人の日本人学生として学ぶ。ところが、19歳で日米開戦を迎え交換船で帰国。その後、志願してインドネシアのジャワ島で従軍。ベトナム戦争時には、べ平連(ベトナムに平和を!市民連合)の中心人物として活動している。

「国家権力の強制で人殺しをしなければならないことに早くから疑問を持っていた」など、容易に他者にくみしない著者の気骨が随所に感じられる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。