行動経済学入門 真壁昭夫著

行動経済学入門 真壁昭夫著

主流派経済学は人間の合理性や市場参加者の完全な知識を前提にする。それによって理論は成り立つとしても、実際に社会にどれほど役に立つのか、違和感を抱く人は少なくない。人は不合理な行動や意思決定をしがちだからだ。より現実を知る手掛かりはないのか。いわばその解明に迫るのが行動経済学だ。

新しい理論だけに、日々進化する。本書でかなりのページを割く「プロスペクト理論」「アンカリング」「ヒューリスティック」を知れば、また社会を知る新たな手掛かりになる。

寂しいのはここでも日本は出遅れ、「輸入理論」になっていることだが、「(1)理論としての体系化、(2)タイムスケールの明確化、(3)恣意性回避のための実証データ蓄積」の課題をこなすことで、日本発の理論構築が進む可能性もなくはない。

「行動経済学に出会ったときの、身震いするような感情の高まりは今も忘れられない」学会理事による最新動向を踏まえた入門書。

ダイヤモンド社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。