5月末での就職内定率は70%--2011年4月入社の新卒学生の定点調査(5月度)発表


レジェンダの藤波達雄社長は次のようにコメントする。
「企業は、倫理憲章に基づき、学生が卒業・修了学年に達する4月に集中して内々定を出す傾向がある。それにより、学生の就活のピークは卒業・修了学年に達する前の2・3月にならざるを得ない。4月に内々定を得られない場はその後厳しい就職活動を強いられる」

(注)企業の倫理憲章
経団連は「企業の倫理憲章」の(2)において、「卒業・修了学年の学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、選考活動の早期開始は自粛する。まして卒業・修了学年に達しない学生に対して、面接など実質的な選考活動を行うことは厳に慎む」と定めている。

(田宮寛之 =東洋経済HRオンライン編集部)


【調査概要】
・対象:2011年4月入社を希望する学生1万4651名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2010年5月26日(水)~5月31日(月)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT