日本の原発事業の知見・経験を生かし、海外での社会・環境貢献と商機開拓を--清水正孝・電気事業連合会新会長(東京電力社長)


 
 日本では、当面の最大のターゲットは、既存の電力ネットワークに太陽光をはじめとする変動の激しい自然エネルギーが大量導入されたときに、系統安定性をどう維持するか。それに向けてのデータ収集や、さまざまな実証実験などを進めている。

デマンドとの向き合い方も考える必要がある。「スマートメータ一」(他の機器などとの通信が可能な最新型の電力メーター)1つとっても、どのような機能を持たせるのか、という議論がある。メーターは計量機能だが、デマンドサイドとマネジメントサイドで捉え方が違ってくる。

計量機能はわれわれの事業の根幹だ。デマンドサイドで考えれば、費用対効果でどこまでの機能を持たせるかを検討する必要がある。どのようなニーズが各家庭にあるのか、それを満たすために、(メーターの開発普及に)どれだけの費用をかける意義があるのか、というような考え方が必要だが、まだそのあたりが具体的には見えていない。ただ、いずれの方向に向けても、前向きに検討していきたいと考えている。
(勝木 奈美子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。