【産業天気図・半導体】高値市況でメモリ急伸、半導体製造装置も活況で「晴れ」謳歌

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 半導体・製造装置業界は2010年4月から1年終始、「晴れ」が続く活況だ。リーマン・ショック後の世界的な消費不況で落ち込んだ09年から一転の反動増に加え、新興国を中心としたパソコン、デジタル家電、スマートフォンの市場拡大で半導体需要は旺盛だ。

世界の半導体市場は09年10月からプラスに転じた。09年は通年では前年比マイナス9%に終わったが、10年は通年で28.6%増と大幅回復が見込まれている(WSTS・世界半導体市場統計のドルベースの予測)。11年も5.6%増、12年も4.2%増と成長は持続しそうだ。国内の半導体市場も10年は13.5%増(同WSTS)、11年5.6%増、12年4%増とプラス成長が続くと予想されている。
 
 特にDRAM、NANDフラッシュメモリはタイトな需給状況が続いており、足元も高値が続いている。DRAMは一時期より下落したが依然高値だ。業界各社は増産に動き出しているが、供給量が増えるまでのタイムラグと堅調な需要動向から10年中は価格の大崩れはなさそうだ。

もっとも恩恵を受けるのは、エルピーダメモリ<6665>。DRAM価格は損益分岐点を大幅に上回っている。10年3月期は前半の遅れを取り戻し通年で3期ぶりに黒字化(営業、経常、純益とも)を果たしたが、11年3月期は一気に利益が拡大。過去最高益を更新する。

東芝<6502>も、NANDフラッシュメモリの利益が大幅に拡大。またシステムLSI、ディスクリートも黒字化するため、半導体事業は大幅増益となる。東芝全体の増益も半導体が牽引する形だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT