ビールに合う「腸にいい最高のおつまみ」簡単4品

相性抜群!「夏バテ」「免疫力低下」も防ごう!

アダムスキー博士に言わせれば、揚げものは、「揚げ方の悪いものだけが体に悪い」のだそうです。体にいい揚げ方をするコツは油の「温度」だと、アダムスキー博士は話しています。

【4】揚げものは油の質と温度に気をつければ問題なし
唐揚げとビール。腸活ではレモンをかけるのはNG(写真:midori_chan/PIXTA)

油は高熱で長時間加熱しつづけると有効成分が失われるだけでなく、炭水化物を多く含む食べ物は、油の温度が高すぎると「アクリルアミド」と呼ばれる発がん性の高い物質を発生させる懸念があるようです。

「超えてはいけない温度」について、博士が基準となる温度を示してくれているので、ここでご紹介しておきます。

【油の種類と超えてはいけない温度】
★とうもろこし油、くるみ油、ごま油、大豆油、ひまわり油……140~160℃
★オリーブオイル……210℃
★ピーナッツ油……220℃ 
(日本で揚げ油によく使われるキャノーラ油は200℃程度)

また、唐揚げには「レモン」をかけるのが一般的ですが、「鶏肉(スロー)」×「レモン(ファスト)」でNGの組み合わせなので避けましょう。

また、「フライドポテト」「じゃがいも」は「スロー」ですが、ケチャップに含まれる「トマト」は「ファスト」。「フライドポテト(スロー)」×「ケチャップ(ファスト)」も腸のためにはNGの組み合わせです。

腸の疲れは「夏バテ」「免疫力低下」の原因に

暑い日が続くと食欲が落ち、つい夏バテ気味になりますが、腸が疲れると体は上手に栄養を吸収できなくなり、さらに夏バテを悪化させてしまいます。

また、『腸がすべて』の監修をつとめた澤田肝臓・消化器内科クリニック院長である澤田幸男医師は、「腸は人体最大の免疫システム」だと話しています。「間違った食べ物の組み合わせ」を続けることで腸が詰まり、その働きが落ちれば、免疫力の低下にもつながりかねません。

暑い夏はまだまだ続きますが、みなさんも「アダムスキー式腸活法」を学び、普段の食事から腸をケアすることで、元気に夏を乗り切りましょう。

(医学監修:澤田幸男/医学博士、澤田肝臓・消化器内科クリニック院長)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT