仏グルノーブル、入院患者数30%減の理由

在宅医療システム導入で、すべてが変わった

――在宅医療の実験にはイゼール県も前向きに取り組んでいますね。

イゼール県には大きな街があれば、小さな街もある。山もあり、農村もあります。農村には人が多く住んでいても医師は少ない。だから、遠隔医療のソリューションは欠かせません。

病院や大学のセンターなどが熱心に在宅医療などの研究に取り組んでいるほか、県も積極的です。同県に進出しているマイクロ・エレクトロニクス産業の研究開発のレベルもきわめて高く、実験には追い風になっています。

お年寄りへの丁寧なITサポートが重要

――実験では、「ITのツールを使いたくない」というお年寄りの方々も、少なくなかったのではありませんか。

それは「事実」であると同時に、事実ではない面もあります。問題の本質はテクノロジーではありません。高齢者などに寄り添い、教えてあげることが重要なのです。イゼール県での実験でも、タブレットを好む人もいれば、パソコンを使おうというお年寄りもいました。参加企業も非常に簡素化されたソフトウェアを提供してくれました。ボタンを押すだけでメールを送信したり、写真を送ったりすることができるものです。

要は誰かのサポートが大事。実験にはボランティア機関が参加し、年間で600人のお年寄りの手助けをしています。ちなみに、支援対象者の平均年齢は75歳です。

お年寄りはとても喜んでくれている。なぜならば、そうした新しいテクノロジーは高齢者が家から飛び出て世界と出会うことを可能にしてくれますからね。それが社会のダイナミズムなのです。

高齢化は“孤立化”の問題でもある。それは農村部だけでなく、都市部でも存在します。孤独を感じ、人と会わなくなる。そうすると、動かなくなるし、食欲も衰えてしまう。次第に病気になって、他者への依存度が高まる。そうした状況に陥らないようにするためには、社会のダイナミズムが必要。新しいテクノロジーがダイナミズムをもたらしてくれるのです。

次ページフランスの「独立看護帥」制度とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。