「規制か緩和か」中国が直面しているジレンマ

成長し続ける「中国デジタル革命」の陰とは

データの活用か、プライバシーの保護か。中国社会は揺れている……(写真:freeangle/PIXTA)
際限なく巨大化するアメリカ・テック企業のGAFA。近年、欧米諸国政府はこれらの企業に対する警戒感を高めており、市場独占やセキュリティを問題視し、規制を強めようとしている。また、個人情報の収集と活用に不正はないか、プライバシー侵害はないかに関する調査も始まっている。
中国の多くのテック企業は経済成長や巨大な国内市場を背景に、国内企業に有利な規制を生かして成長してきた。その結果、アリババやテンセントなどは巨大化し、国内では圧倒的な影響力を持つようになっている。これらの巨大プラットフォーマーは中国の経済社会のデジタルシフトを牽引してきたが、最近では市場独占の弊害も顕在化してきている。
チャイナテック:中国デジタル革命の衝撃』を上梓した、趙瑋琳氏が、中国デジタル革命の陰、中国が直面している規制のジレンマを解説する。

プラットフォーマーの「一人勝ち」

プラットフォーマーの典型的なビジネスモデルは、サービスを向上させてユーザーを拡大し、そのユーザーを囲い込んで需要を確保するエコシステムの構築である。多様なサービスを提供してサービスを向上させるため、プラットフォーマーは自社のプラットフォームに参加するプレイヤーが恩恵を受けられる仕組みを構築してサプライヤーの参加を促している。

『チャイナテック:中国デジタル革命の衝撃』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

こうしたエコシステムにはスケールメリットがあるため、プラットフォームは巨大化し続ける傾向がある。そのため、ある1つのプラットフォームが優位性の確立に成功すれば、「一人勝ち」しやすくなり、これがプラットフォームビジネスの大きな特徴だ。

中国に目を向けると、国有企業と違って、大手プラットフォーマーは激しい競争を勝ち抜いて現在の地位を確立し、中国経済の新たな成長のエンジンとなった。しかし、一方で、プラットフォーマーが巨大になりすぎて「一人勝ち」してしまい、市場独占という弊害を生んでいる。

例えば、EC業界では「二者択一(競合他社のプラットフォームに出店しないよう独占的契約の締結を強要する行為)」の問題が起こった。中国では2019年1月1日に、EC業界のガバナンスを強化し、不正競争や独占的な慣行を規制する「電子商取引法」が施行された。

次ページ大手プラットフォーマーに行動変容は見られず
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT