アップルがiPhone4を発表、お披露目会場に集まった開発者の評価はいかに


 CPUは、iPadと同じ独自開発のA4を使用。消費電力を抑えた設計でiPhone4では待機状態だとバッテリーが300時間持つという。アップル製品のスムーズな統合化で、電子書籍配信ソフトiBook対応で、ユーザーがすでにiPad など他のアップル製品で電子書籍をダウンロードしている場合は、iphone4にダウンロードしても再度課金されることはないとジョブズは言う。

 また、iOS4には新しい広告配信プラットフォーム「iAd」を装備した。iAdはアプリ内に組み込んで配信する広告で、7月1日から配信を始める。アップルが広告枠の販売と配信管理を行い、広告収益をアップルとアプリ提供者でシェアする仕組みだ。このバナー広告には日産リーフ、ディズニーの映画広告、シャネル、GE、ユニリーバ、米大型家電販売のベストバイ、大手小売業者ターゲットらが広告主となる。
 
 iPhone4は今年9月末までには88の国や地域で販売する予定で、ジョブスはiPhone4が約1億台は売れると見込んでいる。アップルはiPhone4(とiOS4)を武器に、ライバルのグーグルの牙城であるオンライン広告に攻め込んでいく。

会場のソフト開発者たちにiPhone4について尋ねてみた。
 
 エプリルという40歳代女性の開発者は「自分で買うかどうかわからないし、事前にネットで情報が漏れていたから感動はそれほどないわね。最後にジョブズがあの有名な台詞“もう一つあるのだけれど(One more thing)”の後に発表したビデオ電話機能は、もし親戚縁者が遠隔地に離れていたら、使いたくなるかもしれないけれど、別に今はいらない」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。