専門家が警告!暑い日の「塩分補給」に潜むリスク

熱中症対策でまず必要なのは水分なのになぜ?

夏に塩分補給の商品が店の棚に多く並んでいるのはなぜでしょうか?(写真:Ushico/PIXTA)

「熱中症予防のために、汗をかいたら塩分を補給しましょう」。今の季節によく聞くフレーズだが、高血圧の専門医によると通常では塩分摂取が必要になることはまずないという。ではなぜこの時期、塩分補給の商品が店の棚に多く並んでいるのか。そこには、メーカーのある「仕掛け」があるという……。

医者が頭を悩ます「夏の塩分補給」

暑い夏は汗をたくさんかくからか、少ししょっぱいもののほうがおいしく感じるという人もいるだろう。テレビでも熱中症対策には塩分をとるといいと呼びかけていて、ドラッグストアの店頭には塩あめや塩タブレット、塩分を含む清涼飲料水など、塩分補給をうたった商品が多く並ぶ。「夏の暑い日に塩分補給」はすっかり定着したといえるだろう。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

ところが、高血圧専門医たちは、この塩分補給は命とりになりかねないと危惧しているという。

「夏は汗をかくのでたしかに水分補給は必要です。ただ、汗に含まれる塩分はさほど多くはないので、多少の汗なら、あめや飲み物から塩分をとる必要はまったくありません」と話すのは、高血圧専門医の日下美穂先生だ。

「『熱中症対策に塩分補給を』というようなCMも流れますが、かえって身体に悪いのでやめてほしい。実際、熱中症対策になって身体にいいと思い込み、塩分の入った飲み物を飲んで血圧が上がってしまう人がかなりの数いるんです。子どもにも飲ませているので危険です。高血圧専門医の間でもよく話題になるのですが、みんな頭を悩ませています」(日下先生、以下同)

補給が必要なのは塩分ではなく、水分だという。では、なぜ「熱中症対策に塩分補給」といわれているのだろうか?

次ページ塩分補給は国が推奨している?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT