マスク着用のまま「夏を迎える」のがヤバい理由

今年は猛暑か「熱中症警戒アラート」運用開始へ

暑さに加えてマスクを着けなければならない状況が、例年以上に熱中症のリスクを高めます(写真:プラナ/PIXTA)

来週から6月。少しずつ暑さが増してきています。

気象庁は6月から8月を「夏」と定義していますが、今年の夏は猛暑になる可能性があります。そして、新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言はいったん全面解除されたものの、コロナ禍の夏ならではの事情や注意点が考えられます。

特に夏後半は猛暑のおそれ

気象庁が発表した3か月予報の平均気温は、平年より高い傾向です。

6月は、東日本と沖縄・奄美は平年より高い、北日本と西日本は平年並みか高い見込みです。

7月は、全国的に平年並みか高くなるでしょう。

8月は、東日本と西日本は平年より高い、北日本と沖縄・奄美は平年並みか高い見込みです。

季節予報は、予測の確からしさに応じて、気温や降水量などを「低い(少ない)、平年並み、高い(多い)」となる確率で表している (出所)気象庁

そもそも8月は気温の平年値が高い時期です。

例えば東京の平年値は、1年で最も気温が高い8月上旬の平均気温は26.7℃(8月4日〜9日)、最高気温は30.1℃(8月2日〜9日)です。

それよりもさらに気温が高いことが予想されるため、特に今年夏の後半は厳しい暑さになるおそれがあります。

気温が高くなる原因の1つは、太平洋高気圧の張り出しが強まることです。

太平洋高気圧は、夏の天気の主役とも呼べる高気圧です。日本のはるか東に中心を持ち、この高気圧の日本付近への張り出しが強まると、晴れて暑くなります。

今年は、夏の後半になると上空の偏西風(黄色の矢印)が平年(水色の矢印)よりやや北を流れそうです。そして、フィリピン周辺では夏の後半に積乱雲の発生が多くなる見込みです。

これらの影響で、夏後半の太平洋高気圧(オレンジ)は日本付近への張り出しが平年の太平洋高気圧(黄色)より強まることが予想されます。

(出所)筆者作成

このため、特に今年8月が暑くなる見込みです。

次ページマスク熱中症に注意
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?