メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボリックシンドロームとは腹囲についた脂肪によって高血圧や高血糖、コレステロールなど脂質の異常が起こる状態を指す。しかしその判断基準は国や作成機関によって異なるのが現状だ。

医療記者として長年健康・医療問題を取材してきた著者は、体重のみならずメタボの基準をすべて少し上回る「ちょいメタ」が、メタボではない「非メタ」に比べ死亡率が低く、長生きするという調査データがあると指摘し、メタボ健診は日本人の健康づくりに役立っているのか疑問を呈す。

肥満は本当に「大敵」なのか。有効性がはっきりしない専門ドック、科学を重視せずに行われる健康政策等、さまざまな角度から検証し、本当の健康とは何かを考える。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT