メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボリックシンドロームとは腹囲についた脂肪によって高血圧や高血糖、コレステロールなど脂質の異常が起こる状態を指す。しかしその判断基準は国や作成機関によって異なるのが現状だ。

医療記者として長年健康・医療問題を取材してきた著者は、体重のみならずメタボの基準をすべて少し上回る「ちょいメタ」が、メタボではない「非メタ」に比べ死亡率が低く、長生きするという調査データがあると指摘し、メタボ健診は日本人の健康づくりに役立っているのか疑問を呈す。

肥満は本当に「大敵」なのか。有効性がはっきりしない専門ドック、科学を重視せずに行われる健康政策等、さまざまな角度から検証し、本当の健康とは何かを考える。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。