メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボの常識・非常識 健康な人を「異常」にする日本だけのシステム 田中秀一著

メタボリックシンドロームとは腹囲についた脂肪によって高血圧や高血糖、コレステロールなど脂質の異常が起こる状態を指す。しかしその判断基準は国や作成機関によって異なるのが現状だ。

医療記者として長年健康・医療問題を取材してきた著者は、体重のみならずメタボの基準をすべて少し上回る「ちょいメタ」が、メタボではない「非メタ」に比べ死亡率が低く、長生きするという調査データがあると指摘し、メタボ健診は日本人の健康づくりに役立っているのか疑問を呈す。

肥満は本当に「大敵」なのか。有効性がはっきりしない専門ドック、科学を重視せずに行われる健康政策等、さまざまな角度から検証し、本当の健康とは何かを考える。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。