あなたにも出来る! 社労士合格体験記(第8回)--職業訓練を受ければ、失業保険の期間が延長される?

あなたにも出来る! 社労士合格体験記(第8回)--職業訓練を受ければ、失業保険の期間が延長される?

サッカーのワールドカップも幕を閉じましたが、私にとって開催国・南アフリカは、1997年に新婚旅行で訪問した思い出深い土地です。妻の親しい友人家族が、商社でヨハネスブルクに赴任していたので、報告も兼ねて、未踏の地アフリカへ旅立ちました。

新婚旅行なのに、友人宅に転がり込むという無謀な計画でしたが、彼らの手配で、北部のサファリツアーと、南部のケープタウンから喜望峰へのツアーを、2人で満喫することができました。

特に、サファリは圧巻で、キリンが夕暮れ時に群れをなして走っていく幻想的な光景、ライオンやヒョウが獲物を求め、目をギラギラさせて近づいてくる姿は、今でも忘れられません。

人生を駆け抜けた友人

その友人は日本帰国後、偶然にも私と同じ時期に会社を退職しました。商社勤務で世界を駆け回っていた行動派の彼は、失業手当をもらって、場つなぎ的な生活をすることを潔しとせず、自分の夢を追い求めて起業の準備をしていました。

まだ、EPA(経済連携協定)に基づく、外国人看護師候補者の受け入れ事業が始まる前でしたが、「これからの日本は海外からの看護師、ヘルパーが必要になるから、彼らに日本文化や言葉を教えながら、協働する仕組みを作らなければダメや」と熱弁を振るっていたのを思い出します。

ところが、道半ばで彼は病に侵され、闘病生活の甲斐もなく、帰らぬ人となってしまいました。享年50歳、でも太く短く、底抜けに明るい、立派な人生だったと思います。

公共職業訓練を受験したものの…

一方、失業保険をアテにしている私も、2004年5月半ばを迎え、受給期間は残すところあと3カ月余り。再就職のメドはまったくなく、焦りが出てきました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。