朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

人生の充実度は「朝の過ごし方」で決まる

それが働き方改革に先んじる形で、コロナ禍によって常識が変化。テレワークを通じて、朝のゴールデンタイムを自由にできるすばらしさをたくさんの働く人たちが実感し、改めて1日の始まりである朝の重要性に気づいたのではないでしょうか。

自己肯定感が高まる「朝の習慣」

朝の時間を充実させると、ゴールデンタイムを有効に活用できるうえ、1日の始まりが楽しくなり、自己肯定感が上がります。しかも、その効用は1日中続くのです。

当たり前のことのようですが、私たちの人生は「1日」というルーティンのくり返し。どうやって自分の「1日」の楽しさを高められるか。気持ちのいい朝を迎えて、自己肯定感の高い1日を過ごせるかどうかはとても大事なことです。

そこで、目覚めた後に取り組むと自己肯定感が高まる「朝の習慣」を紹介したいと思います。

●目覚めたら、寝っ転がりながら両手をぐーっと伸ばす

両手を上げて、ぐーっと体を伸ばし、30秒ほど「やったー!」のポーズを取りましょう。

たったこれだけのアクションで、血流がよくなり、脳内で不安や恐怖を感じたときに出るコルチゾールが下がり、勇気のホルモンと呼ばれる「テストステロン」が増えることもわかっています。このシンプルな習慣が、起き抜けに「快」の感情をつくり出し、「今日が始まっちゃった」ではなく、「私の今日が始まる!」と自己肯定感を高めてくれるのです。

● テンションの上がる曲をかける! 

起きたら、大好きな曲をかけましょう。1曲全部聴いてもいいですし、あなたのテンションが上がるサビへと曲をサクサク変えてもかまいません。音楽がトリガーとなって、起き上がってからすぐにドーパミンが分泌され、心身ともに動き出します。

● 窓を開けて、部屋の空気を入れ換える!

真夏でも真冬でも、かまわず全開に。外気を取り込み、部屋の空気を入れ替え、気分をリフレッシュします。同時にゆっくりと深い呼吸をし、脳に新鮮な酸素を送り込みましょう。もちろん、住宅事情はそれぞれだと思いますので、可能な範囲で。

● 場所を決めて、5分間お掃除タイム!

玄関や流し台、お風呂場のタイルや洗面台の鏡など、いつもよく使うけれども、普段は磨き上げない場所を「5分だけ」と決めてきれいにします。毎日、何気なく目に入る場所ですから、きれいになると小さな達成感があり、その刺激で自己肯定感が高まります。

次ページピンときたものを試してみよう!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT