朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

人生の充実度は「朝の過ごし方」で決まる

実は、やりたいと思って自ら決めたこと、ワクワクして取り組んでいることの場合、私たちの脳はすばやく覚醒してくれます。

自己肯定感高く過ごすことで、人生の質が向上する

「朝の習慣」は、こうした脳の性質を引き出すスイッチのようなもの。1日の始まりに自己肯定感を高めてくれる習慣を取り入れることで、物事をポジティブに受け止められるようになります。

その結果、仕事の効率もよくなり、生産性も向上。1日がこれまでとはまったく違った輝きを放ち始めるはずです。

『習慣化は自己肯定感が10割』(学研プラス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして、朝の2〜3時間を自分だけの時間として使えるようになると、「主観的幸福感」も上昇します。

「幸福学」の研究者として名高い、イリノイ大学心理学部名誉教授エド・ディーナーらの研究によると、幸福度の高い人はそうでない人に比べて創造性が3倍、生産性は31%高い傾向にあるそうです。

これは、楽しいことを選んで、自分で決めて取り組んでいるからこそ。

自分のご機嫌がよくなる「朝の習慣」を定着させることができたら、あなたの人生はよい方向に変わっていきます。

・1日の始まりに、誰にも邪魔されない朝のゴールデンタイムを持つこと
・そのために気持ちよく1日をスタートさせる新習慣に取り組むこと
・そして、あなたをご機嫌にしてくれる新習慣を定着させること

この習慣化のステップがうまく進めば、大げさではなく人生が変わります。なぜなら、1日の始まりをご機嫌なものにできると、その日を自己肯定感高く過ごすことができ、「1日」というルーティンのくり返しの質が劇的に向上するからです。

(文・構成/佐口賢作)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT