朝から上機嫌な人がやっている簡単「4つの習慣」

人生の充実度は「朝の過ごし方」で決まる

1つひとつはどれも本当に簡単な取り組みです。また、全部にチャレンジする必要もありません。「これは楽しそうかも!」とピンときたものを試してみましょう。それで、その日「1日」の質が上がったと感じたら、1週間、1カ月、2カ月と続け、新たな習慣にしていきましょう。

マインドセットで脳はすばやく覚醒できる

また、朝は新たな習慣にチャレンジする時間として最適です。

子育て中の人も、介護の担い手になっている人も、仕事の忙しさに追い立てられるように日々が過ぎている人も、目覚めてからの少しの時間は自分だけに使うことができます。それも今よりちょっとだけ早起きするようにすれば、自分だけの時間を増やすことも可能。あなたも含め、多くの人にとって自分だけのための使える時間帯です。

とはいえ、あなたはこう思うかもしれません。

「朝は忙しいですし、そんなひまないですよ」

「まず起きなきゃいけないのがしんどいし、仕事に行かなきゃいけない。学校に行かなくちゃいけない」

「子どもの相手があるから、朝であっても自分だけの時間はなかなかつくれない」

つまり、自分で決められない要素が多く、もたもたしていると、仕事を始めとした「やらなきゃいけないこと」に押し流されるように時間が過ぎていき、昼になり、夜になっています、と。

確かに、そのとおりだと思います。でも、少しだけマインドセットをしてみてください。

たとえば、楽しみにしている旅行の当日、予定よりも早くパッと目覚めたことはありませんか? あるいは大好きなプロスポーツの欧州での試合を生中継で観るため、太陽の上がりきらない早朝に目覚ましを合わせたら、アラームが鳴る前に起きてしまったことはありませんか?

次ページ「朝の習慣」はスイッチのようなもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT