「不幸な日本人」と「幸せな日本人」の生き方の差

樹木希林はなぜ乳がんさえも肯定できたのか?

不幸な人が知らない「幸せになるための習慣」とは(写真:Asia-Pacific Images Studio/iStock)
GDPや健康寿命は低くないのに、なぜか幸福度が上がらない日本人。いったい、なぜ日本人は幸せを感じづらいのか? その理由と今日から幸せになるための4つの習慣を、医師でベストセラー作家の鎌田實さんによる新書『ミッドライフ・クライシス』より一部抜粋・再構成してお届けします。

毎年、国連の関係機関から世界幸福度ランキングが発表される。1人当たりのGDPや社会的支援、健康寿命、人生における選択の自由度、他者への寛容さ、汚職や腐敗のなさなどを数値化したものだ。

なぜ日本人は「幸せ」になれないのか?

2018年、日本は54位だった。2021年はさらに下がって56位。日本はGDPや健康寿命については決して低くない。社会的支援や自由度もまあまあなのに、幸福度がなかなか上がらない。

日本人の幸福感が少ないのは、セロトニンのレセプターが欧米人に比べて少なからだという説がある。日本の幸福度を上げていくには、一人ひとりの幸福感をもっと大事にしていく必要があるのではないか。

そこで身体と心の側面から幸福感を高めるために必要な4つのポイントを挙げる。

1.セロトニンを増やす

レセプターが少なくとも、セロトニンそのものを増やしてしまえばいい。うつ病の治療では、脳内のセロトニンの濃度を減らさないようにする薬がよく使われている。そうすると、鬱々とした気分が減っていくからだ。

薬を使わなくても、感動したり、リズミカルな運動をした時に、セロトニンがよく分泌される。『70歳、医師の僕がたどり着いた鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』(集英社)で紹介した鎌田式のスクワットやかかと落としはこのリズミカルな運動にぴったりだ。もちろんウォーキングもいい。

2.達成感を大事にする

目標を達成すると報酬系の快感ホルモン、ドーパミンが出る。ドーパミンが出ると気持ちよくなり、もっとやる気が出てくる。

コツは実現可能な目標を立てること。いきなりできそうもない目標を立てても大抵は失敗に終わる。小さな目標達成でも「やったー!」という気持ちになれるようにすることが大事だ。

次ページ樹木希林さんが「乳がん」を肯定できた理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT