スカイマーク、A380解約騒動に続く不安

懸案事項は多額の違約金だけではない

エアバスとの騒動は2つの意味で、スカイマークの不安材料になる。

1つは多額の違約金だ。裁判や交渉の行方次第ではあるが、収益力が低下した今のスカイマークにとって、最大で700億円規模になる損害賠償金は経営の重大なリスク。加えて不安なのが、スカイマークが羽田―福岡線を皮切りに運航を始めたエアバス製の中型機「A330」の導入計画にも影響を及ぼしかねない点だ。

画像を拡大
A330の最大の売りは、ミニスカ制服ではなく、ゆったり座れるシートだ(撮影:尾形文繁)

スカイマークはA330を2016年3月期までに計10機導入する計画で、これまでに3機の引き渡しが終わっているようだ。ただし、エアバスがA380に対する支払い能力を疑問視している以上、A330についても今まで通りの供給がなされない可能性はある。

A330は期間限定のミニスカートワンピース制服が話題になったものの、本質的には座席幅が広く、ゆったり座れる「グリーンシート」を配しているのが特徴。いち早く羽田―福岡線に導入したグリーンシート搭載機は今のところ搭乗率が順調で、この戦略はユーザーにも受け入れられている。もし、エアバスとのトラブルでA330の供給に影響が出ると、スカイマーク唯一の反撃材料が薄れ、収益回復シナリオも狂いかねない。

最大の魅力は羽田の発着枠

スカイマークはエアバスの提案を拒否したように、大手航空会社には頼らずに独立路線を保ちたい意向だ。航空運賃の低価格化に貢献してきたという自負がある。しかし、スカイマークにとっての最悪シナリオが進行すると、大手の傘下に入るという選択肢はまったく非現実的でもなくなってくる。

大手航空会社にとって、スカイマーク最大の魅力は羽田空港の発着枠だ。現状、羽田に空き枠はない。どの航空会社ものどから手が出るほど欲しいところに、スカイマークは36枠も持っている。

次ページスカイマークを狙う会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。