スカイマーク、A380解約騒動に続く不安

懸案事項は多額の違約金だけではない

3月の新機材お披露目会見の時、西久保愼一社長(中央)は満面の笑みを浮かべていた(撮影:尾形文繁)

割安な運賃を武器に、大手航空会社から客を奪い成長してきたスカイマーク。1990年代後半の規制緩和で生まれた新興エアラインの元祖が、創業以来で最大ともいえるピンチに追い込まれようとしている。

スカイマークは7月29日、欧州の旅客機メーカー、エアバスから超大型旅客機「A380」の購入契約を解除すると通知された。国際線への参入を狙って、当初は2014年内の導入を目指してきたが、急激な業績悪化に伴って支払い能力が低下。エアバス側と当初の購入計画を変更する方向で4月から協議を続けていたが、両社の条件が折り合わなかったことが要因だ。

契約解除通知に至った経緯

スカイマークはA380を6機購入する契約をエアバスと結び、2014年10月から2019年12月までに順次受け取る予定だった。だが、4機の購入を解約したうえで、すでに製造に入っている2機の導入時期についても先延ばしにすることをエアバスに打診した。

エアバスは代金回収の不安を払拭するため、契約変更の条件としてスカイマークが大手航空会社の傘下に入ることを提案した。が、スカイマークが拒否したため、契約解除の通告という強制措置に踏み切った。

スカイマークは交渉の継続を求めているものの、エアバスが態度を変えなければ、支払い済みの265億円が戻ってくる可能性は低い。それどころか、700億円規模の違約金支払いを求める損害賠償訴訟を起こされる可能性すらある。

次ページ兆候は以前からあった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。