異例の「大規模デモ」キューバが置かれている状況

人々がSNSやネットで窮状を訴える姿も

7月11日、キューバでは首都ハバナなど複数の都市で大規模な反政府デモが起きた(写真:ロイター/アフロ)

病院や薬局では、ペニシリンやアスピリンなどの基本的な医薬品が不足している。停電は猛烈に頻繁に発生し、苦しくなるほど長く続いている。幸運にも外貨を持っているキューバ人は、豆や米などの必需品を買うために何時間も並んでいる。

1990年代にソ連崩壊がキューバの国土に荒廃をもたらして以来、キューバ人が経験したことのないような苦難をもたらす著しい経済的衰退は、この数十年で国内最大の抗議運動を引き起こし、アメリカの政治家からは支援の声が、キューバ政府からは怒りの脅しが聞こえる。

数千人が街頭で抗議活動

ジョー・バイデン大統領は12日に声明を発表し、「われわれはキューバの人々とその自由への明確な呼びかけに賛同する」と述べ、同大統領の言う「キューバの権威主義的な政権によって受けた何十年にもわたる抑圧と経済的な苦しみ」に言及した。

バイデン大統領の発言は、11日にキューバで起こった驚くべきデモの波を受けてのものだ。デモでは、数千人が街頭に立ち、「自由」や「祖国と命」といったフレーズを叫んでいた。後者は共産党政権のモットー「祖国か死か」のもじりだ。

デモ参加者はパトカーを転覆したり、政府運営の店舗から略奪を行ったりした。このような公然たる反抗は、異論を排除してきた長い歴史と、無情な実績を持つキューバ国内で、インターネットを通して幅広く共有された。

キューバのミゲル・ディアス=カネル・ベルムデス大統領は、60年以上前のキューバ革命以来、カストロ一族以外で初めて国を率いた人物だが、今回の抗議行動を存亡の危機とみなしている。

次ページ過去数カ月の厳しい状況
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT