異例の「大規模デモ」キューバが置かれている状況

人々がSNSやネットで窮状を訴える姿も

キューバの反体制派は、行方がわからなくなっているとされる数十名の人々の氏名を確認し、同国政府が反政府活動家に対する新たな取り締まりを開始したとのおそれを強める形となっている。

一方、キューバ当局は、国民は彼らの苦しみを食い物にする外国のプロパガンダによって操られていると主張する。「キューバの人々は、海外で作られたコンテンツに文字通り攻め立てられてきた」と、駐米キューバ大使も務めたベテラン外交官、ホセ・ラモン・カバナス・ロドリゲス氏は語っている。

「医薬品の面では、事態は深刻」

しかし、12日にネット上に投稿されたインタビューやレポートでは、キューバ人たちが自分たちの苦境を訴える声が多数紹介されている。海外の親戚から送金を受けている人たちでさえ、生活が厳しくなったと口にしている。

「ハバナではまだ少しは希望が持て、食料の不足も比較的軽度ですが、ほかの地域、特に東部の州の状況は厳しく、基本的な物資さえ足りなくなっています」とハバナに住むヤネイシー・ゴンザレス・リベロさんは語っている。

「医薬品の面では、事態は深刻です」とリベロさんは続けた。「病気で緊急治療室に運ばれた患者の痛みを和らげようにも薬品がないのです」。

キューバでは停電はめずらしいものではないが、国が財政危機に瀕しているため、過去1年間は停電がますます頻繁に発生するようになっている。かつてオバマ大統領はアメリカ人によるキューバへの旅行と投資を容易にする措置を講じ、後には経済制裁を終了する方針を打ち出していたが、そうした措置が引き金となって始まっていた外国からの投資も、トランプ政権による制裁の強化でしぼんでしまった。

キューバ全土で繰り広げられた11日のデモは、長年キューバ情勢を見てきたアナリストたちさえも驚くほど大規模なものだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT