異例の「大規模デモ」キューバが置かれている状況

人々がSNSやネットで窮状を訴える姿も

キューバのディアス=カネル大統領は、キューバ共産党の機関紙「グランマ」の12日の一面に大きく掲載された発言の中で、「彼らが革命に挑みたいのであれば、われわれの屍の上を歩かなければならないだろう」と述べている。「われわれにはあらゆる手段を尽くす意思があり、街頭で戦うことになるだろう」。

しかし、同氏でさえ国内の問題の深刻さを認めざるをえず、12日には、過去数カ月間がキューバ人にとってどれほど困難なものであったかを理解していると語った。その一方で、今回のデモについては、食料不足や、停電、新型コロナウイルスによる死亡者数の増加にキューバが直面しているこの時期に、国民の「感情」を利用したアメリカ政府の卑劣なキャンペーンの産物であるとし、国民の忍耐を訴えた。

「国民が不満を持つことは妥当だが、同時に、誰かの手に操られていないか明確に見極める必要がある」とディアス=カネル大統領は述べた。「彼らはシステムを変えようとしている。それから、キューバにどのような政治形態を押し付けようとしているのかは言うまでもない」。

バイデン大統領は強硬派

キューバ政府を「権威主義的な政権」と一刀両断したバイデン氏の発言は、数十年にわたる両国間の反目を払拭し、「過去の足かせ」を断ち切ることを強調してきたオバマ元大統領の立場から、顕著な変化を示している。

オバマ元大統領はキューバとの関係回復を外交政策の中心に据え、両国の関係を大幅に拡大したが、トランプ政権はこの緊張緩和を即座に取り払おうとした。

しかし、11日に行われたキューバでの抗議活動を受けて、アメリカでは民主党と共和党が同様に抗議活動を支持する発言をし、両党が一定の合意を得ることができた。

マイク・ペンス前副大統領はツイッターで、「アメリカは、抑圧されたキューバの人々が、生まれながらの権利である#Libertad(自由)のために集まっていることを支持する」と書いた。「アメリカは自由で民主的なキューバのために立ち上がる!」

一方で、抗議行動やその原因となっている生活の困窮について、アメリカの対キューバ禁輸措置が原因だという非難の声もあがっている。キューバ政府もまた、デモが発生したときに同様の姿勢を示した。

次ページアメリカの経済制裁が問題なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT