NHK幹部が語った「31歳記者過労死」非公表の裏側

なぜ4年もの間、公表されなかったのか

公表の遅れについて、NHK上層部の認識はどうだったのか。今年、その一端を知る手がかりが見つかった。

2017年の過労死公表直後に記録された音声データ。そこにはNHKの幹部が大勢の職員を前に、佐戸記者の過労死公表の経緯について語った肉声が収録されている。入手ルートを明かさないことを条件に、筆者の元に届けられた。音声はこの記事冒頭の映像の中でも紹介している。

代理人弁護士から聞いていたと語るNHK

その音声によると、NHKは遺族の代理人弁護士から伝えられる情報に沿ってずっと対応していたという。

「何度かにわたって代理人から、『表にはしないでほしい。慎重にあつかってほしい』と言われております」

「隠そうとしていたとか、そういうことは本当にないんです。それは本当にない」

語調を強め、やや早口になるNHK幹部。一方、「私は、『佐戸さん(のご両親)は記者会見をする予定はない』とNHKに伝えただけだ」と話す代理人弁護士。何が真相なのだろうか。

                       (連載第5回に続く)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT