「タフト」発売1年、「ハスラー」との勝負の行方

ライバル同士で市場拡大するWin-Winの関係へ

ただし、面白いこともある。実はハスラーの売れ行きは、ライバルであるタフトが登場したあとのほうがいいのだ。2代目ハスラーの発売は、タフトよりも半年ほど早い2020年1月から。しかし、2020年の1~5月の販売は、年の後半ほどよくないのである。

販売台数ランキングは1月:8位、2月:9位、3月:6位、4月:7位、5月:6位であった。ところが、ライバルとなるタフトが登場する6月は、順位を4位にあげている。タフトというライバルが登場したことで、ハスラー自体の成績も伸びたのだ。

タフトは2021年5月に一部改良を実施。同時に写真の特別仕様車 Gターボ“クロム ベンチャー”を発売(写真:ダイハツ工業)

勝ち負けでいえばハスラーが上だが、タフトがいなければ、もっと苦戦していたのではないだろうか。また、メーカーが発表している販売目標はタフトが月間4000台、ハスラーは6000台で、どちらも目標をクリアする成績を挙げている。ライバルとなる2台は、Win-Winの関係を築いていたのだ。

ライバルなくして市場拡大はない

クルマの世界では、ライバルがいたほうが盛り上がりやすい。過去にも、こうした事例はいくつもあった。

たとえば、2009年にトヨタ「プリウス」が初めて年間新車販売ランキングで1位を獲得したときは、ホンダ「インサイト」がライバルとして注目されていた。2000年代前半は、7人乗りワゴンのトヨタ「ウィッシュ」とホンダ「ストリーム」が戦い、どちらも販売台数を伸ばした。

軽自動車の主力となっているスーパーハイトワゴンもそうだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ダイハツ「タント」がジャンルを開拓し、スズキ「パレット」(現スペーシア)、ホンダ「N-BOX」、日産「ルークス」、三菱「eKスペース」とライバルが続々と登場したことで、市場を拡大したといえる。

1台より2台、さらにライバルの数が増えるほど、それらのクルマたちの注目は高まり、ブームとして売り上げが伸びるのだ。

そういう意味で、軽自動車のクロスオーバーは、ライバルが少ない。ホンダや日産/三菱からの参戦によって、モデル数が増えるほど販売は伸びることだろう。さらに、クロスオーバーだけでなく、本格SUVも軽自動車はほぼ手付かずの領域となる。登録車ではSUVが世界的なムーブメントになっているのだから、軽自動車にも可能性はあるはず。新たな挑戦者の登場を期待したい。

この記事の画像を見る(7枚)
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT