「ハーバードの心理学者」が教える幸福の時間戦略

「時間への投資」が創造性、生産性を上げる

どちらが、幸せを感じただろうか。時間を節約するためにお金を使ったほうが、幸せに感じ、ストレスが減った。

私たちは、「タイム・イズ・マネー」という考え方をひっくり返さなくてはならない。ほかならぬ健康と幸福が、それにかかっているのだから。実際には、「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」ではなく、「マネー・イズ・タイム(金は時なり)」なのだ。健康や幸福のために、時間に投資することが重要なのだ。

休暇を義務にしたら、創造性が33%、生産性は13%向上

もう1つ極端な例も紹介しよう。

航空業界向けのマーケティング・コンサルティングをするシンプリフライング社のCEOのシャシャンク・ニガムは、7週間ごとに1週間の休暇(有給)を従業者に強制的にとらせた。そして、仕事との接触を断つことも強いた。

もし従業者がオフィスのメールやスラック、その他、仕事関連のコミュニケーション・プラットフォームのどれであれチェックしたら、ニガムは給料を取り上げた。同社は、休暇は義務だと、本気で言っていたのだ。

それで、どうなったか? 

休暇のあと、従業者の創造性は33%高まり、幸福感は25%上昇し、生産性は13%上がった。このちょっとした実験を行ったあと、シンプリフライング社は、もともとのプランにいくつか修正を加えた。今ではとる義務があるこの休暇は、8週間ごとに1週となり、同じプロジェクトに取り組んでいる従業者どうしは連続して休暇をとれない。

従業者が十分に休養をとれるようにしても、企業に害はない。むしろ、企業は成功を収めるのだ。

時間的な余裕を与えて、健康で幸福になれば、創造性、生産性も上がるのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT