「縄跳び」が世界中で超売れまくる意外な理由

アメリカでは売れ行きががなんと3〜4倍に

自邸の室内や庭先でも取り組める縄跳びは、コロナ禍で取り組む運動の強い味方(写真:filadendron/iStock)
ロックダウン中にもトレーニングでき、ランニングより効率的なエクササイズとして、縄跳びに注目が集まっている

今、跳び縄が売れている

このところ海外で、縄跳びへの注目が高まっている。ロックダウン中には各地でジムが閉鎖され、外で運動しようにもマスクが必要では何ともやりづらい。そこで注目されたのが、自邸の室内や庭先でも取り組める縄跳びだ。アメリカでは昨年から跳び縄が飛ぶように売れており、販売元によっては売り上げが一昨年比で3倍から4倍になった。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

派手なトリックを決めれば動画映えもすることから、SNSでのシェアもかなり活発になってきている。ハッシュタグ「#jumprope」が付いたインスタグラムの投稿は計100万本に迫る勢いで増えており、華麗なトリックが日々新たに披露されている。

アメリカだけでなく、イギリス、ブラジル、ロシア、パキスタンなど、あらゆる国々の人々がインスタグラムに投稿を重ねている。その完成されたスキルの数々は、誰もが小学生時代に親しんだあの体験の延長線上にありながら、もはや別のきらびやかなスポーツといった趣だ。

こうしたブームのけん引役の一人が、イギリスに住む29歳のローレン・フライメンさんだ。米CNNによると彼女は、ロックダウン中にインスタグラムで目にした縄跳び動画に触発され、自身でもトライしてみることにした。

次ページきっかけはインスタグラム
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT