シェアが急伸!レノボ・NEC「二刀流」戦略の破壊力

同じグループ内で正反対のものづくりを追求

パソコンの国内シェアで首位に立ったレノボ・ジャパンはChromebook(左)が牽引。NECも「LAVIE」シリーズ(右)が人気だ(写真提供/レノボ・ジャパン、NECパーソナルコンピュータ)

エンゼルスの大谷翔平選手の活躍が連日話題を集めているが、日本のパソコン市場でも、「二刀流」で成果をあげている企業がある。それがNECレノボ・ジャパングループだ。

調査会社の調べによると、2020年度(2020年4月~2021年3月)の国内パソコン市場において、レノボ・ジャパンは16.5%のシェアを獲得。前年の5位から、一気に首位に躍り出た。レノボ・ジャパンがブランド別シェアでトップを獲得したのは初めてだ。NECパーソナルコンピュータも15.9%で2位となり、前年の4位から浮上。同じグループが1位、2位を獲得した。

グローバルモデルにより、コストパフォーマンスを追求するレノボのパソコンと、日本のユーザーニーズに合致したパソコンを作り続けるNECパーソナルコンピュータによる、異なるモノづくりの二刀流が成功している。

レノボは富士通のパソコン事業も傘下に

中国企業であるレノボグループは、2005年にレノボ・ジャパンを設立して、日本市場に本格参入。同年にIBMのパソコン部門の買収を完了しており、その代表製品であるThinkPad(シンクパッド)は、日本の大和研究所で開発されるなど、日本との強い結びつきを持った形で参入した。

2011年には、NECのパソコン事業とのジョイントベンチャーであるNECパーソナルコンピュータを設立。現在、レノボグループが66.6%の出資比率を持つ。2021年7月1日には、ジョイントベンチャー開始から10年目の節目を迎える。

さらには、2018年には、富士通のパソコン事業を行う富士通クライアントコンピューティングに51%を出資し、傘下に収めている。

レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータは、NECレノボ・ジャパングループとして一体経営を進めるが、富士通クライアントコンピューティングは分離した経営を行っているのが特徴だ。

次ページレノボが首位を獲得した要因は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT