ついに実現したインターネット選挙運動の解禁

ついに実現したインターネット選挙運動の解禁

 

藤末健三 民主党参議院議員


 5月26日、各党協議が合意に到達し、インターネットを用いた選挙運動が、今夏参院選から一部解禁されることがついに決定した。

 

これにより候補者と政党は、選挙運動期間中にブログ・ホームページの更新ができるようになった。投票日の直前という、政策論争・各党抗争が最も盛り上がる時期に、有権者に対してフレッシュな情報を提供できることになった意義と効果は計り知れない。

もっとも、第三者がインターネットを用いて選挙運動を行うことは禁止のまま。まぎらわしい事態になることを懸念したため、民主党・自民党ともに解禁したかったツイッターも、ガイドラインに従い、泣く泣く自粛するという方向性となった。

今後どうなっていくかは、各候補のこの選挙における戦い方次第となる。

この歴史的選挙で何が起こっていくのか、是非、注視してもらいたい。筆者が09年末からまとめてきたインターネット選挙運動解禁についての記事を、基礎知識の1つとしてご活用いただければ幸いである。
※イメージと本文は関係ありません

関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。